12:21 2019年07月16日
三菱自動車

三菱自動車、アメリカでの自動車生産から撤退しアジア市場に注力

© Sputnik / Ruslan Krivobok
経済
短縮 URL
152

日本を代表する自動車メーカーの一つである三菱自動車は、アメリカでの自動車生産から撤退し、発展を続けるアジア市場に社の投資を結集していく、と共同通信が伝えた。

共同通信によれば、三菱自動車はイリノイ州の工場を売却し、生産設備をタイとフィリピンの工場に集中させる。三菱自動車は、アメリカでの生産を終了するのがいつか、また、工場をどれ程の額で売却するかは明らかにしていない。

このような決定の背景には、アメリカ市場での日本車への需要が落ち込んだことが挙げられる。

 

関連:

三菱マテリアル 元捕虜への謝罪を続ける
三菱、ロシアで危機に立ち向かう
三菱自動車カルーガ工場、オフロードカー生産の一時停止から再開
三菱ふそうトラック・バス ロシアでの組み立て生産中止
タグ
三菱, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント