13:11 2018年12月17日
クライスラー

Fiat Chrysler 1億500万ドルの記録的制裁金支払い

© Flickr/ Steven Depolo
経済
短縮 URL
215

世界を代表する自動車メーカー、Fiat Chryslerは、欠陥車のリコール(無料の回収・修理)で不適切な対応があったとして、米国では記録的な制裁金1億500万ドルを支払うことになった。MarketWatch.が伝えた。

米道路交通安全局(NHTSA)は、自動車メーカーによる4年間のリコール・プロセスを点検するために独立したモニタリング係官を任命した。

また調整人との交渉の枠内で、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、車に対するコントロールを失わせる恐れがあるサスペンション部品の欠陥を持つ50万台以上(欠陥車の一部)も含め、リコールされた車の買取に応じる。

この制裁措置は、車のリコールの20例以上を検討した後、課せられたもので、1100万台以上が対象になっている。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント