02:53 2018年12月13日
オランド大統領

仏大統領「数週間のうちにミストラル級強襲揚陸艦問題は解決」

© AP Photo / Thomas Samson
経済
短縮 URL
172

フランスのオランド大統領は「数週間のうちにミストラル級強襲揚陸艦のロシアへの供給契約に関する問題は解決されるだろう」と述べた。ブルームバーグ通信が伝えた。

この発言は月曜日、オランド大統領が記者会見の際、行ったもので、ブルーバーグ通信によれば、オランド大統領はまた「ミストラル級強襲揚陸艦の供給を進めるか、それとも取り消すかについて、決定を下すつもりだ」と明言した。

2隻の「ミストラル」供給に関する契約は、フランスのDCNS/STX社とロシア国営武器輸出公社「ロスオボロンエクスポルト」の間で、2011年に結ばれた。フランスは、一隻目のミストラル級強襲揚陸艦「ウラジオストク」を昨年11月に、ロシア側に引き渡すはずだったが、それは行われなかった。ロシア側は、揚陸艦を供給するのか、それとも代金を返還するのか、フランス側からの回答を現在待っている。

関連:

ロシアとフランス、「ミストラル」の代金返還について合意に近づく
フランス、ロシアに「ミストラル」建造技術の一部を譲渡
ロシア、ミストラルに代わる揚陸艦、建造計画立つ
フランス議員、ミストラルを難民救助に使うよう提案
ミストラル、罰金を払うより沈めてしまう方が安上がり
タグ
フランソワ・オランド, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント