07:34 2017年12月14日
東京+ 2°C
モスクワ+ 1°C
    上海取引所で株式急激に動揺、指数は1.68%下がる

    上海取引所で株式急激に動揺、指数は1.68%下がる

    © AFP 2017/ CHINA OUT
    経済
    短縮 URL
    0 36

    昨日その主要な指標が8%以上も下落した上海取引所で、極めて不安定な状態が続いている。今日、上海証券取引所の主要インデックスは1.68%下がり、3663.0ポイントをつけた。

    取引の仮定で同インデックスは5%下落したが、のち、わずかに揺れ戻した。一方深セン証券取引所のインデックスは今日、2.24%下落、2111.7ポイントまで下がった。

    6月末から7月はじめまでの3週間でインデックスは32%下がった。昨年の値下がりは2007年以来最大だった。市場のアナリストらは今のところ中国市場が安定化する期待を抱いていない。中国政府が積極的な活動をとっているにも関わらず、である。

    「こうした落下が新たに起こることも全くあり得ることである。市場の動揺は継続する。動揺、それは長期的傾向である」。スプートニクの取材に対しロシア科学アカデミー極東研究所職員ヤコヴ・ベルゲル氏はそう語っている。

    関連:

    ロシア:害虫発見!オランダ産の生花輸入禁止の可能性
    TPP:米国の世界覇権に向けたさらなる一歩?
    トヨタ、自動車売り上げで世界第一位から陥落
    原油価格 市場での供給過剰への懸念から安値
    タグ
    中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント