23:36 2018年12月13日
電気

ウクライナ、ロシア電力の常連客状態から脱却できず

© Fotolia / peerawat444
経済
短縮 URL
0 80

ウクライナは深刻な石炭不足が原因で再びロシアからの電力エネルギー購入に立ち戻らざるを得なくなっている。ウクライナはロシアの電力会社「インターRAO」との電力売買契約を締結した。

コメルサント紙の報道によれば、契約締結を行なったのはウクライナ側から。ドンバスの熱発電所2基が破壊され、ザポロジエ原発のエネルギーブロックの1基が停止したのが主な原因。

石炭の熱発電所の有する備蓄も残りわずかとなっているほか、電力需要が1.5倍に増える冬の暖房シーズンが近づいたことも契約に急いだ原因とされている。

コメルサント紙によれば、現在、ウクライナにはロシアから一定して0.8ギガワットの供給がなされているが、こうした一方で常に2ギガワットの電力不足が温存されている。

関連:

OSCE 武器を持ってロシアからウクライナへ入った人々を見たことは一度もない
元支持者たちを排除するウクライナ政府
ドネツク、ルガンスク両人民共和国、「ドンバスでの軍撤退合意にウクライナが違反」
アザロフ元首相、「ウクライナ救済委員会」設立を宣言
タグ
ロシア, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント