17:49 2019年12月14日
IMF、株式市場支援策の早期撤回を中国に呼びかけ

IMF、株式市場支援策の早期撤回を中国に呼びかけ

© AP Photo / Itsuo Inouye
経済
短縮 URL
0 15
でフォローする

中国株式市場の急落は現段階で経済に対する制度的リスクとなってはいないが、市場支援策のような緊急措置はできるだけ早く撤回すべきだ。IMF中国ミッションのマーカス・ロドラウアー代表が述べた。

ロドラウアー氏は次のように述べた。

「中国株式市場では数か月連続の高騰に続いて、6月半ば、急激な修正が起きた。この修正が実体経済に影響を及ぼす可能性は低く、現段階では制度的リスクとなってはいないと見ている」。

「我々は中国政府の市場支援策を歓迎している。市場の混乱を治めるには効果的な手だ。しかし、こうした措置はなるべく早く撤回し、市場が制度的に回復するようにしたほうがよいと考えている」。

中国の金融当局は市場暴落を受け一連の安定化策を打ち出した。空売り(short selling)の禁止や多くの株式の取引停止、大型投資家に対する株式購入勧告などだ。上海株式市場のインデックスは6月半ば、ほぼ4分の1暴落した。

関連:

上海市場、元の強まりを背景にプラスで終了
上海取引所、中国元強化でインデックス上昇で取引開始
ストラトフォー、「中国は円ユーロ安に元切り下げで対抗」
タグ
通貨, IMF, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント