18:33 2018年10月15日
中国銀行の元のシンボル

中国の経済学者 今後人民元が20パーセント下落すると予測

© AP Photo / Vincent Yu
経済
短縮 URL
0 30

中国の経済学者たちの予測によると、人民元の対ドル為替ルートが今年末までに1ドル=7元となり、2016年末までには1ドル=8元になる可能性があるという。これは現在の1ドル=6.412元より20パーセント安くなるということだ。これは中国の政府機関が実施した非公開調査の中で述べられている。消息筋が通信社ブルームバーグに語った。

もしこの予測が現実になった場合、それは人民元が2015年末までに現在の水準から8パーセント、2016年末までに20パーセント切り下げられるということだ。なお今回の予測は、中国が8月中旬に人民元のレートを3パーセント引き下げた後に出された。

上海
© East News / Imaginechina
中国人民銀行の易綱(イー・カン)副総裁は、8月13日のブリーフィングで、輸出を増加させるために金融レギュレーターが人民元の10パーセント切り下げを許すようなことはないと指摘し、そのような予測は「ナンセンスだ」と語った。

一方で中国人民銀行の元金融政策委員の余永定(ユ・ヨンディン)氏は、人民元が下落しないように支えようとすることであまりにも膨大な外貨準備金を投入することになる可能性があるとの見方を示している。余氏は、為替介入は最小限にし、市場に為替レートを決めさせるべきだとの考えを表している。

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント