19:15 2019年08月18日
ウクライナ、38億ドルの債務帳消しで債権者と合意

ウクライナ、38億ドルの債務帳消しで債権者と合意

© Sputnik / Alexey Filippov
経済
短縮 URL
ウクライナ危機 (344)
0 06

ウクライナ当局は債権者らとの間で193億ドルにもなる国の債務のうち、38億ドルを帳消しにし、残りの完済期間も今まで決められていた2015年から2023年ではなく、2019年から2027年に延期することで合意した。27日、ウクライナのニュースサイト「ノーヴォエ・ヴレーミャ(新時代)」が合意文書を引用して報じた。

「ノーヴォエ・ヴレーミャ」は「合意は主権をもち、保証されている国の債務を20%縮小し、債務を36億ドル分、早急に引き下げるもの。(38億ドルというのは、こうした引き下げが国に保証された国家企業の外貨債やユーロ債に応じてなされる場合)」と報じている。

合意文書にはこれによりウクライナの借款はおよそ193億ドルから155億ドルまで引き下げられる事が指摘されている。また債務の金利は現在の7.22%に対し、平均で7.7%となる。

トピック
ウクライナ危機 (344)
タグ
ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント