03:17 2017年03月24日
東京+ 8°C
モスクワ+ 8°C
    露大統領

    露大統領「現在ロシアにおける主な発展の中心は極東」

    © Sputnik/ Sergei Guneyev
    経済
    短縮 URL
    ウラジオストク自由港―極東の経済の新たな「顔」 (13)
    0 4525191

    ロシアのプーチン大統領は4日、東方経済フォーラム総会で講演した。このイベントの公式オープンが宣言されたに等しい。プーチン大統領は演説の中で、ロシア極東はロシアの発展の要となる、と述べた。

    「こんにち我々は極東の未来を国全体の社会経済発展の重要な中心のひとつとしてとらえており、これは急速に発展するアジア太平洋地域に全体として効果的に統合されねばならない」「極東をこの国の発展の一つの中心地として発展させる政策は、伝統的に継承されている路線であり、このことは不変である」とプーチン大統領。

    地域の発展の方向性として、プーチン大統領は、自由港体制を極東の主要港湾全体に拡大することを挙げた。「我々は、今までのロシアの経験と外国の最良の実践を取り入れ、自由港の競争力の高い公式をうまく策定できたと考えている。このため政府に対して、自由港体制を極東の主要港湾全体に拡大するよう提案する」。

    プーチン大統領は、この地域のビジネスのために国境を通過するプロセスが著しく簡略化、軽減され、国境でのおびただしい数のコントロールの代わりに統一の機関が設けられるほか、通過検問所は24時間体制で機能すると指摘した。ウラジオストクの自由港を通ってロシア連邦に滞在する外国人は国境を通過する時点で直ちに8日間の滞在ビザが申請でき、自由港のレジデントには保険料の特恵が提供される。

    そのほか、プーチン大統領は、ロシアはアジア太平洋地域には欧州原子核研究機構に類似した学術センター網が不可欠だととらえ、パートナーを募集していると語った。

    「現在、最重要な意味をもちつつあるのが教育科学分野の協力だ。これはアジア太平洋地域のすべての国の技術発展にとって非常に強い刺激となりうる。ロシアはここに専門的な基礎科学の基盤を有しており、この方向性で全面的な発案を推し進めて行く構えだ。たとえば検討を提案したいのは、いわゆるメガサイエンス・プロジェクトといわれる巨大な研究プラットフォームや設備の共同創設だ。こうしたものをベースに正真正銘の科学的ブレイクスルーが可能になる。」とプーチン大統領。

    プーチン大統領は、「欧州原子核研究機構」のような実験室は主に欧州に集中している、と指摘、「こうしたインフラ、学術教育提携センター網をアジア太平洋地域にも作る時代が到来した。ロシアは関心を持つあらゆる方面、諸国を募集している」と語った。

    プーチン大統領の講演は既に外国のパートナーから反響を恩でいる。中国の石油ガス会社CNPCのワン・イリン代表取締役は、露中の石油ガス部門における協力は新たな発展段階を迎える、との確信を示した。「今日、プーチン大統領の講演を聴いて、両国の協力は新たな発展段階に入るのだ、と感じた」「プーチン大統領も習近平国家主席も、石油ガス部門の支援に特別な注意を払っている」とワン氏。

    トピック
    ウラジオストク自由港―極東の経済の新たな「顔」 (13)
    タグ
    ウラジーミル・プーチン, 極東, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント