08:22 2020年11月29日
経済
短縮 URL
東方経済フォーラム2015 (67)
0 80
でフォローする

日本で唯一のOffshore Drilling Contractorとして石油・天然ガス開発の海洋掘削工事を行っている企業Japan Drilling(日本海洋掘削株式会社)とロシアの「ロスネフチ」社は、ベトナムにおける「ロスネフチ」のプロジェクトの枠内で、探査ボーリング装置(リグ)「ハクリュウ-5」を使用する合意を結んだ。「ロスネフチ」社のプレスリリースが明らかにした。

「ハクリュウ-5」の助けを借りて、来年2016年、ベトナムの大陸棚にあるナムコンション海底油田のブロック(06.1 と05.3/11)で2つの油井を掘削する計画だ。

プレスリリースによれば「ロスネフチ」のイーゴリ・セチン社長は、次のように述べたー

「我々は常に、プロジェクト実現において、ハイレベルの技術を持った日本のパートナーの参加を歓迎してきた。マクロ経済的状況が困難にもかかわらず、現在我々は、ロシア領内ばかりでなく東南アジアでの仕事に関する契約も含め、石油やガスの探査及び採掘領域での共同活動を拡大している。」

 

トピック
東方経済フォーラム2015 (67)
タグ
露日関係, 日本, ベトナム, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント