20:09 2018年06月22日
アジア太平洋地域の取引所、中国・日本経済の低迷で下落へ

アジア太平洋地域の取引所、中国・日本経済の低迷で下落へ

© REUTERS / Issei Kato
経済
短縮 URL
0 10

木曜日のアジア太平洋地域における株取引は、日本と中国の経済指標が低調なことで投資家が悲観的になり、下落へ転じた。

上海証券取引所の総合指数は7時19分(モスクワ時)現在、0.96パーセント減少し、 3211.93ポイントになった。深セン証券取引の総合指数は0.83パーセント下落、1783.92ポイントになった。香港のハンセン指数は2.15パーセントの減少で21654.85ポイントとなった。

日経平均株価 5.8%急騰
© REUTERS / Toru Hanai
日本の日経225は2.56パーセント下落で18292.16ポイントに。韓国総合株価指数は0.21パーセントの増加で1938.32ポイントに。オーストラリアのS&P / ASX 200は2.09パーセントの減少で5112ポイントになった。

7月の日本の工業受注が3.6%減少しているとの情報に投資家らは悲観を強めた。

来週は日本銀行の会議があり、そこで日本の今後の金融政策が決まる見込み。

また、中国のインフレに関するデータも市況に複雑に影響した。8月の中国の消費者物価上昇率(年換算)が1.8%という期待値を上回る2%程度であることが判明した一方、先月の生産者価格指数は年率5.9%の下落と、予想値の5.6%を上回った。

タグ
中国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント