16:48 2019年12月08日
中国、途上国に120億ドルの資金援助を約束

中国、途上国に120億ドルの資金援助を約束

© Sputnik / Mihail Kutuzov
経済
短縮 URL
0 41
でフォローする

中国の習近平国家主席は26日、ニューヨークの国連本部におけるサミットで演説し、中国が20億ドルのスタート資本のもとに「南-南協力基金」を設立することを宣言した。同基金は2015年以降、途上国の開発案件に対して支援を行なう。中国は徐々に途上国向け資金援助を拡大する計画で、2030年には120億米ドルにまで金額が増大する計画であるという。

習近平国家主席によれば、中国は後発発展途上国や小さな島国を対象に、2015年末の時点で未返還となっている政府間無利息ローンの返還義務を免除する。

また中国は、外国と協力して発展に関する研究を行い、発展に関する知見や経験を交換し、それぞれの国にあった発展モデルを策定するための、「国際発展センター」を創設するという。

また習近平国家主席は、世界のエネルギー需要をみたすクリーンで環境に優しいエネルギーの世界的ネットワークを構築する方向で議論するべきだ、と提唱した。

習近平国家主席はまた、「共通かつ安定的な成長を達成し、互いに協力のパートナーとなる可能性を探る」ことをテーマとした会議で演説し、国際社会に対し、2015年を出発点にして、オープンな、包括的な、イノベイティブな発展の道を見つけるよう呼びかけ、また、全ての国が共同で成長できるよう努力するべきだ、と主張した。

タグ
第70回国連総会, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント