17:05 2018年05月28日
東京+ 25°C
モスクワ+ 14°C
    原油価格 中国経済に対する懸念から若干下がる

    原油価格 中国経済に対する懸念から若干下がる

    © AP Photo / Hasan Jamali
    経済
    短縮 URL
    0 13

    火曜日、原油の国際価格は、前の取引でやや上がったものの、中国経済の成長が鈍化していることへの投資家達の懸念を背景に、若干下がった。複数の取引のデータがそれを証明している。

    モスクワ時間朝8時42分現在で、北海ブレント原油の11月先物取引価格は、0,03%下がり、1バレル47,34ドルとなった。また米国産標準オイル種WTIの価格も、前の取引では0,11%上がったものの、今回は0,01%下がり、1バレル44,42ドルとなった。

    昨日月曜日、中国国家統計局が発表したところでは、8月の工業部門企業利益は、前年の同じ月に比べ8,8%減少した。この数字は、2011年10月以降で最大のものだ。

    関連:

    原油価格 日本のインフレ統計発表後やや変化
    プーチン大統領:ロシア経済が原油価格から受ける影響を少なくする必要がある
    中国及び米国統計当局のデータによれば原油価格は下落
    原油価格 前日の下落の後 上向きに
    原油価格の下落続く ブレント原油1バレル$53,06に
    タグ
    石油, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント