10:22 2018年06月20日
トヨタ

トヨタ 2050年までにガソリン車の販売をほぼゼロに

© Sputnik / Владимир Астапкович
経済
短縮 URL
0 111

トヨタ自動車は14日、「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表し、二酸化炭素(CO2)の排出量を削減するために、2050年までにガソリン車をほぼゼロにし、ハイブリッド車や燃料電池車へ移行する意向を発表した。AP通信が報じた。

トヨタは特に、2050年までに2010年比で新車の平均走行時のCO2排出量を90%削減する。

トヨタによると、2020年以降の燃料電池自動車の販売は、グローバルで年間3万台以上、ハイブリッド車の販売は、2020年までに年間150万台、累計1500万台を目指すという。

AP通信によると、トヨタ自動車の2050年までの発展概念には、電気自動車は含まれていないという。

関連:

トヨタ、記録的な利益を上げる
トヨタ、自動車売り上げで世界第一位から陥落
トヨタ 麻薬取締法違反で逮捕された米人女性トップマネージャーの辞任を発表
トヨタと日産 エアバッグ欠陥問題で全世界で約300万台リコール
トヨタと日産 エアバッグの欠陥で160万台以上をリコール
タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント