19:57 2019年04月24日
マクドナルドは最後の日々を迎えている?

マクドナルドは最後の日々を迎えている?

© Flickr/ Mike Mozart
経済
短縮 URL
2394

マクドナルド店舗オーナーらに行なった調査で、オーナーの多くが、マクドナルドは深刻な業績不振に落ちっており、マクドナルドは最後の日々を迎えている、と考えていることがわかった。月曜、英紙インディペンデントが、野村證券のアナリスト、マーク・カリノウスキ氏の報告を引用しながら伝えた。

調査では、オーナーの30%が支払い不能に陥っているとの結果が出た。

職員は注文を素早く処理することが出来ず、器具は故障ばかりで、メニューは多すぎ、客も困らされている、との声があがっている。

オーナーのうち12人以上が、悪いのはマクドナルドの新CEO、英国人ステイーヴ・イースターブルック氏だ、と考えている。新CEOについては、伝統的な調理法に慣れていたのに新機軸を導入したことで、業績を悪化させた、という評価がなされている。

新機軸とはたとえば、電子注文スタンドの導入、客が自分でバーガーの具を選べる、これまで朝食時間にしか頼めなかったメニューを昼間も頼めるようにする、といったことだ。また、バーガー調理に関する要求が強化され、調理により時間がかかるようになった。

マクドナルドは米国国内に1万4000店舗を展開している。調査はそのうち229店舗を擁する29のフランチャイズネットワークを対象に行なわれた。

関連:

ロシア版マクドナルド登場?
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント