10:47 2017年08月17日
東京+ 23°C
モスクワ+ 15°C
    フランスの銀行 米国の制裁措置に反し巨額の罰金支払い

    フランスの銀行 米国の制裁措置に反し巨額の罰金支払い

    © Sputnik/ Mihail Kutuzov
    経済
    短縮 URL
    11220220

    フランスの銀行「Credit Agricole(クレディ・アグリコル) Group」は、米国の制裁措置に違反したとして罰金8億ドルの支払いに同意した。特に同銀行は、スーダンやキューバ、イランといった国々へ、2003年から2008年までの間に、米国を通して違法に資金を移動させた、との事だ。AFPが、消息筋の情報として伝えた。

    支払同意に関する発表は、恐らく今日行われる。米国法務省その他関係機関との合意により、銀行は起訴猶予となり、その罪は問われなくなる見込みだ。米法務省以外に、訴訟には、財務省や連邦準備制度理事会(FRB)、ニューヨーク金融サービス局も加わっている。

    また消息筋によれば、違反行為の責任を問われ、銀行員の何人かは、すでに解雇された。

    昨年、フランスの銀行「BNP Paribas(パリバ)」もやはり、キューバ、スーダン及びイランに対する米国の制裁措置に違反したとして、89億7千万ドルの支払いに同意した。

    「Credit Agricole」はフランス最大の銀行の一つで、本部はパリに置かれ、8万5千人以上の行員が働いている。

    タグ
    制裁, 米国, フランス
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント