20:03 2017年11月22日
東京+ 9°C
モスクワ0°C
    地域間の友好を深めるBRICS及び上海協力機構参加諸国

    地域間の友好を深めるBRICS及び上海協力機構参加諸国

    © Sputnik/ Alexei Druzhinin
    経済
    短縮 URL
    0 503130

    ロシア連邦中部バシコルトスタン共和国の首都ウファが再び、注目の的になっている。今年の夏、ここではBRICS(新興5カ国)と上海協力機構サミットが開かれたが、これらの枠内で新たな協力のフォーマットが生まれる、誕生の地になるかもしれない。23‐24両日、ウファでは、第一回BRICS及び上海協力機構参加国・中小企業地域フォーラムが開かれる。

    フォーラムの作業には、ビジネス界や政府の代表が参加する。おまけに今回は、各国の地域や地方レベルの指導者が多数集まっている。地域間の交流(region to region).をフォーマットにした、BRICS及び上海協力機構参加国のビジネス会合は、今回が初めてである。

    ラジオ・スプートニク記者の取材に対し、バシコルトスタン共和国のドミトリイ・シャロノフ副首相は、今回の会合の主な課題について「しばしば地域の幸福な暮らしの基礎となる中小ビジネスの利益増進と、中央政府を介さない地域間の直接協力の確立」を挙げた。

    シャロノフ副首相は、フォーラム組織委員会の委員長を務めている。彼は、今回のフォーラムは、今年の7月にウファで行われたBRICS及び上海協力機構首脳会合における経済対話の延長線上にあるものと位置付けている。

    シャロノフ副首相は、記者の取材に次のように述べた―

    「私達はフォーラムで、できるだけたくさん、どの国でも企業家達がぶつかっている差し迫った諸問題を話し合いたいと思っている。それらは、ビジネスのための好ましい環境作り、法律・財政・インフラ面での支援、フランチャイズ方式の利用、ITテクノロジー、その他多くの共通の利益や関心ごとに通ずる諸問題である。

    BRICSや上海協力機構の地域間市場に進出する中小企業を援助しようというのが、このフォーラムの考えだ。大企業と比べて、中小企業が地域間のビジネスへ進出するのは、なかなか難しい。フォーラムでは、8つのパネル・ディスカッションが行われる他、起業家のための無料の『コンタクト・フェア(情報交換会)』、製品見本市などが催される。また様々な国々の中小企業が投資の提案を行う予定だ。この第一回フォーラムが、パートナーを迅速に見つけ、よきアドバイスを受け、お互いの経験を分かちあえる場になればよいと願っている。」

    BRICS及び上海協力機構加盟諸国は、その国土全体で、地球の三分の一、人口では半分を占める大きな存在だ。そこでは世界経済の五分の一が活動している。この巨大な市場潜在力を、全体の利益となるようにどう利用するか、ウファでの第一回中小企業地域フォーラムでは、その事が話されるだろう。

    フォーラムに参加するため、BRICS及び上海協力機構加盟各国すべての政府機関や実業界の代表の他、ベラルーシやアフガニスタン、パキスタン、英国、カナダ、トルコ、ウガンダ、イタリア、セルビアからも代表が集まった。公式リストに入った参加者の数は、1500人を越えている。これはウファ国際会議場の大ホールに、入りきれない数だ。会合への関心は、明らかに、主催者の期待を上回るものとなった。しかし組織委員会は、フォーラム参加者すべてが快適に過ごせるような条件を保障すると約束している。

    タグ
    BRICS, 上海協力機構
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント