21:17 2018年11月14日
電気

ロシア石油大手、本州向け電力供給を提案

© Fotolia / peerawat444
経済
短縮 URL
1222

ロシア石油大手「ロスネフチ」のセチン会長はサハリンから北海道向けの電力供給プロジェクト以外に極東から本州にむけの長期的な電力輸出の可能性についても検討するよう提案した。セチン会長は露日の電力協力に関する国際会議で演説した中で、こう語った。

セチン会長はサハリンから北海道への電力供給によって北海道の電力供給の安定度はアップし、住民の支払う電気料金は安くなるだろうと指摘。

「さらにもうひとつ少なからぬプラスはこのスキームによって日本が大気圏に放出する炭酸ガス量は減り、環境に優しいエネルギーが得られることだ。」

「残念ながら現在、法律の上で日本への電力供給を行う可能性がない。このため我々が実際テスト・プロジェクトを実現したいと望むのであれば、ここでは何らかの解決法を見出す必要がある。」

タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント