23:41 2017年11月22日
東京+ 7°C
モスクワ-1°C
    日本のJOGMECと「ガスプロム・ネフチ」はロシアでの共同プロジェクトについて協議している

    日本のJOGMECと「ガスプロム・ネフチ」はロシアでの共同プロジェクトについて協議している

    © Sputnik/ Alexei Danichev
    経済
    短縮 URL
    0 682160

    日本の独立行政法人「石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)」は、ロシアの「ガスプロム・ネフチ」と、ロシア領内における「ガスプロム・ネフチ」の石油・ガスプロジェクトへの参加について協議している。JOGMECの河野博文理事長が、リア・ノーヴォスチ通信に伝えた。

    JOGMECは7月、東シベリアのイグリャニンスク鉱区での石油開発に関する「ガスプロム・ネフチ」との共同プロジェクトを継続しないことを決めた。

    河野理事長は、経済的な理由からプロジェクトから撤退したものの、他のプロジェクトで協力する可能性ついて協議していると語った。なお河野氏は、プロジェクトの具体的な場所については明らかにしなかった。JOGMECのアサワ・サトシ氏によると、東シベリアだけでなく、ロシア全土のプロジェクトについて検討されているという。

    「ガスプロム・ネフチ」とJOGMECは、2012年から東シベリアのチョンスキー・プロジェクトのグリャニンスク鉱区で地質調査を行っていた。

    「ガスプロム・ネフチ」のワジム・ヤコヴレフ第一副社長は4月、記者団に、JOGMECは2015年上半期末までチョンスキー・プロジェクトへの参加について「ガスプロム・ネフチ」と交渉する独占権を保持していると語っていた。

    タグ
    露日関係, 石油, ガス, ロシア, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント