02:31 2017年11月22日
東京+ 4°C
モスクワ+ 0°C
    ドル

    外国の米国債保有額上位5カ国 売却

    © Flickr/ 401(K) 2012
    経済
    短縮 URL
    86784562

    米国を除いた米国債の保有額上位5カ国が、9月に米国債を売却していた。

    財務相の情報によると、中国は米国債を125億ドル、日本は199億ドル、カリブ諸国は72億ドル、石油輸出機構(OPEC)は19億ドル、ブラジルは37億ドルを売却した。

    ロシアの保有額は0・8パーセント減の891億ドルとなり、それほど大きな変化はなかった。なおロシア中央銀行は7月と8月、過去7年間で最高額となる214億ドルの米国債を購入した。
    9月、英国(89億ドル)とインド(21億ドル)も米国債を売却し、BRICS諸国の米国債保有額は189億ドルの減少となった。

    一方で、この減少分は、アイルランド、スイス、ルクセンブルク、シンガポールなどの保有額が増えたため補われた。結果、外国の中央銀行の米国債総保有額は3兆ドル増の6兆1010億ドルとなった。

    今年初めから外国の中央銀行が手放した米国債は1153億ドル。もし年末まで統計に変化がなければ、2015年は、外国の米国債保有額上位の国々による売却額が、過去最高の年となる可能性がある。

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント