03:37 2017年07月24日
東京+ 27°C
モスクワ+ 20°C
    握手

    ロシア 1月にエジプトで「第3世代+」原発の建設開始

    © Fotolia/ Lenetsnikolai
    経済
    短縮 URL
    0 43541

    エジプト北部ダバアに建設予定の同国初の原発は、2016年1月4日に建設が始まる予定。ダバア原発の建設には、ロシアの国営企業「ロスアトム」が参加する。12月末までにロシア人専門家39人が、エジプトに到着する予定。

    4基の原子炉からなる原発は、地中海から3.5キロのエジプト北部ダバアに12年かけて建設される。各原子炉の出力は1200メガワット。

    11月19日に締結されたロシアとエジプトの合意によると、エジプトは250億ドルの融資を受け、2029年10月から返済を開始する。

    「第3世代+」のダバア原発の建設は、ロシアとエジプトにとって、1970年に完成したアスワン・ハイ・ダム以来最大の共同プロジェクトとなる。

    タグ
    原発, エジプト, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント