13:05 2019年11月22日
極東はロシアと西側の関係における問題から恩恵を得た

Diplomat:極東はロシアと西側の関係における問題から恩恵を得た

© Sputnik / Aleksey Nikolskyi
経済
短縮 URL
1131
でフォローする

外交専門誌「The Diplomat 」のダンカン・ブラウン評論員は「2015年は、アジア太平洋地域との協同行動の度合いから言って、ロシアにとって前代未聞の年だった。その事は、連邦極東管区の発展を助けた」と分析している。

ブラウン氏の意見を、以下まとめてご紹介したい。

「東方経済フォーラムのスタートは、ロシアに、極東シベリア地域の潜在力を示し、ビジネス、テクノロジー、インフラそしてエネルギーといった領域へ、外国からの投資を引き入れるためのフィールドを与えた。

この事は、極東とアジア太平洋地域の間の一層密接な関係構築をもたらし、今やロシアと欧米の関係に『亀裂』が入った後、貿易の多元化を促している。

ここで最も重要な領域は、エネルギーであり、特にガスパイプライン「シベリアの力」が注目される。

2015年9月に結ばれた中国との新しい合意によれば、極東のガスの供給量は、年250億立方メートルから380億立方キロメートルに増える。さらに北極圏ではガスプロジェクトの発展が計画されている。また中国との間には、原子力エネルギー分野での協力もある。

日本とのコンタクトについて言えば、『サハリン1』や『サハリン2』プロジェクトの枠内での石油ガス開発が進んでおり、日本への石油の輸出は、今年、記録的な数字なるはずだ。」

タグ
露中関係, 露日関係, 対露制裁, 極東, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント