09:11 2017年09月23日
東京+ 18°C
モスクワ+ 8°C
    ドル

    ソシエテ・ジェネラルのアナリスト予測、米国証券市場は75%下落

    © Fotolia/ Givaga
    経済
    短縮 URL
    33084442

    米国証券市場はリスキーな状態にあり、工業生産の弱体化から米国経済で景気後退が始まれば、最も高値の米国企業のS&P500インデックスは75%下落し、現在の1900ポイントが550ポイントになる。仏大手金融機関「ソシエテ・ジェネラル」の世界経済戦略分析課のアリベルト・エドワルドス課長はこうした予測を出した。

    米ビジネスニュース・サイトの「ビジネスインサイダー」の紹介するエドワルドス氏の見解によれば、2008年の世界経済危機意以降、中央銀行諸行は資産価値を水増しし、資産がマイナスにまで下落するという最悪の事態に至らせないようとりはからっていた。こうした政策は発展途上国の市場、中国に長期のバブル状態が招いたが、その中国も今や元の切り下げを余儀なくされている。そのうち米国も工業生産で急落が起きるだろうというのだ。

    景気後退が始まってしまった場合、市場はパニックとなり、資産価値は急落する。なぜなら前回の危機で中央銀行諸行は市場支援のために持ち金を放出し、すでに大枚をはたいてしまったからだ。
    「ビジネスインサイダー」は、アナリストの大半は市場の75%下落はありえないとの見方を示しているものの、2008年の世界金融危機の前も同様の見解が表されていたと指摘している。

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント