13:01 2018年06月18日
石油

日本 40年ぶりに米国産原油の輸入再開

© Flickr/ Paul Lowry
経済
短縮 URL
12717

先日米国は原油輸出禁止措置を、ほぼ40年ぶりに解除したが、日本は、米国産原油の輸入を再開している。火曜日、日本経済新聞が報じた。

報道によれば、日本のコスモ石油は、まず手始めに、テキサス州イーグルフォード産のシェール・オイルを含め、総額10億円分の米国産原油を買い付けた。

日本に主に原油を供給しているのは、サウジアラビアなど中東諸国だが、この地域の状況が不安定化していることから、日本政府は、他の地域からの原油の輸入を模索している。なお日本は、ロシアの消費者向け原油の約8%を買い付けている。

米国産原油の輸出禁止措置は、米国政府がイスラエルを支持している事に抗議して、中東諸国が米国への原油輸出を禁止した1970年代半ばに導入された。

タグ
日米関係, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント