13:57 2018年06月24日
甘利明内閣府特命担当大臣

日本 原油価格下落による経済への影響を懸念

© Flickr/ World Economic Forum
経済
短縮 URL
11022

火曜日、甘利経済再生担当相は、記者会見で「日本は、原油価格の過度な落ち込みが、日本経済にネガティヴな影響を与えるのではないかと懸念している」と述べた。

甘利経済生成担当相は「もし原油価格が、過度に下落した場合、日本に否定的な影響を及ぼす可能性がある」と指摘した。

甘利大臣は、次のように述べている―

「原油価格の下落と株安は、密接に関係している。原油価格の下落は、産油国の状況を悪化させており、それにより、投資家達は金融資産を売却している。そうした中には、日本の株もかなり含まれている。原油価格の過度の下落は、我が国の経済に否定的な影響を及ぼすだろう。株安には、日本の努力では、どうにもならない部分がある。」

原油価格の落ち込みと中国の経済成長スピードの減速に対する懸念から、アジア最大の東京市場の日経平均株価は、月曜日の段階で、今年初めに比べ12%以上も値下がりしている。

タグ
石油, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント