13:56 2017年07月22日
東京+ 32°C
モスクワ+ 13°C
    トヨタ

    トヨタ ロシアでRAV4を14万台以上リコールへ

    © 写真: zeevveez
    経済
    短縮 URL
    0 52740

    トヨタ自動車は、後部座席のシートベルトが損傷する恐れがあるとして、2005年から2012年に生産されたスポーツ型多目的車「RAV4」14万1000台をロシアでリコールすることを決めた。ロシア紙ヴェドモスチが、トヨタ代表者の話を引用して伝えた。

    ヴェドモスチによると、事故などが発生した時の衝撃でシートベルトが金属フレームと接触して損傷する恐れがあるという。

    トヨタ 日本での生産再開
    © AFP 2017/ KAZUHIRO NOGI
    ヴェドモスチは、トヨタは最近全世界で約287万台をリコールすると発表したが、そのうちの約5パーセントをロシアが占めることになると指摘している。

    リコール対象車の修理にかかる時間は30分から1時間で、後部座席の金属フレームにプラスチック製のカバーか取り付けられるという。

    トヨタ自動車の代表がヴェドモスチに語ったところによると、リコールは、販売店が必要な部品を全て受け取った後に始まる。

    なおトヨタ自動車の代表者は、リコール費用の額については明らかにしなかったが、ロシアのあるトヨタ自動車の販売店によると、このような場合、企業が支払う一時間当たりの賃金は約900ルーブルだという。そのため部品価格を除いたトヨタ自動車のロシアでのリコール費は、6400万ルーブルから1億2700万ルーブルになる可能性がある。

     

     

    関連:

    トヨタ 国内の全組立ライン停止へ
    トヨタ、国内での自動車製造を停止する可能性あり
    自動車業界再編を見据え トヨタ及びスズキ株 急激に値上がり
    トヨタ 露土紛争のあおりで被害を受ける恐れがある
    タグ
    露日関係, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント