17:47 2018年09月21日
東京

東京で日ロ貿易産業対話フォーラム開催

© Flickr/ Balint Földesi
経済
短縮 URL
0 121

29日、東京で、日本とロシアの協力をテーマにしたビジネス・ミッション、「日ロ貿易産業対話」が開かれる。

今回ロシア代表団長を務めるのは、デニス・マントゥーロフ産業貿易相で、一方日本代表団長は、林幹夫(ハヤシモトオ)経済産業相だ。

マントゥーロフ産業貿易相は、フォーラムを前に、読売新聞のインタビューに応じ「今回の日本訪問により、両国実業界の間の対話を回復させたい」と述べ、次のように指摘した―

「制裁は、双方にとって有害なものだ。もし状況が変わったとしても、経済協力と貿易に関する対話を止めてはならない。制裁という条件下においてさえ、ロシアと日本の関係は、発展しつつある。」

なお先に今月11日、世耕弘成(セコウヒロシゲ)官房副長官は「日本政府は、このフォーラムに大きな意義を見出している」と述べた。

先週、東京では、ロシアと日本の議会間の会合も行われた。ロシア上院・連邦会議国際問題委員会のアンドレイ・クリモフ副委員長は、この会合について「期待以上に成功裏に終わった」と評価している。

タグ
露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント