01:03 2018年09月26日
ロシアの銀行、融資を行なう決め手にSNSのプロフィールを利用

ロシアの銀行、融資を行なう決め手にSNSのプロフィールを利用

© Flickr/ Robert S. Donovan
経済
短縮 URL
0 10

ロシアの銀行は融資を行なう際にSNS上のグループ情報に注目し始めた。調査によればこれは、債務者の返済能力を知る上で有効な手段だという。

イズヴェスチア紙の報道によれば、連鎖販売取引グループ内の書き込み次第では融資を受け取る可能性は低まる。なぜならこうしたユーザーが債務不履行に陥る危険率は14.2%と高いからだ。

一方でSNS上で旅行談や写真を披露する旅好きの債務不履行率は3.55%と低い。

債務者の情報収集に従事する「ダブル・データー」社のマクシム・ギンジュク社長がイズヴェスチヤ紙からの取材に対して語ったところによれば、市場は現在、債務者についての追加情報を必要としていることから、「ダブル・データー」社は独自のテクノロジーを開発。同社は万人に開けた情報源に立脚した債務者情報の収集で顧客の満足を得ている。

 

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント