19:46 2017年08月24日
東京+ 31°C
モスクワ+ 18°C
    ロシア連邦中央銀行

    ロシア中央銀行、原油価格の新たな下落に備える

    © Sputnik/ Evgeny Biyatov
    経済
    短縮 URL
    43839212

    ロシア銀行は、原油価格の上昇はすぐに終わると考えている。同行の見通しでは、年間平均価格は1バレル 30ドルとなる。

    中国経済の減速、イランからの原油供給の拡大、石油市場における競争激化で、供給過剰が起きている。

    「そのため、最近の数週間見られる原油価格の回復は、持続しないかもしれない」とロシア中銀。

    ロシア銀行は2016年の平均価格を1バレル 30ドルと見積もっており、それが2018年にかけて段階的に1バレル 40ドルまでアップしていくと予測している。

    原油価格は2月中旬から上昇を続けており、18日にはブレント原油が1バレル41.9ドルをつけた。

    タグ
    石油, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント