02:33 2017年11月21日
東京+ 4°C
モスクワ+ 2°C
    握手

    台湾企業、 35億ドルでシャープ買収

    © Flickr/ Flazingo Photos
    経済
    短縮 URL
    0 157011

    フォックスコン・テクノロジー・グループとシャープの代表らは土曜、台湾企業が正式に3890億円(35億ドル)で日本の電子機器メーカーの支配株を取得すことについて契約を締結した。

    契約は約4年間続いた異なる企業間でのシャープをめぐる戦いに終止符を打つ。ブルームバーグが報じた。

    当事者は3月30日に取引の最終条件に合意した。フォックスコンはシャープが抱える大規模な債務について知ってのち、条件を悪化させた。

    フォックスコンおよびその関連会社は合計で一株当たり88円の価格でシャープの株式66.6パーセントを購入する。契約の条件に従い3月31日、シャープはフォックスコンより千億円を受け取った。

    タグ
    台湾, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント