07:18 2017年03月28日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    「世界経済におけるOPECの時代は過ぎた」―エネルギー専門家

    「世界経済におけるOPECの時代は過ぎた」―エネルギー専門家

    © Sputnik/ Evgeny Biyatov
    経済
    短縮 URL
    12225222

    原油市場に危機を停止する方法について合意することができない石油輸出国機構(OPEC)は、もう経済的な力を失っている。コンサルティング会社HISのダニエル・ヤーギン副社長がフィナンシャル・タイムズのインタビューで語った。

    「世界経済の決定的力としてのOPECの時代は過ぎた」とアーギン氏。原油市場危機でOPECが統一戦線として機能することができないことが明らかになった。原油生産を凍結することができるかどうかは疑問だ、とヤーギン氏。

    いま市場は、唯一の1980年代半ばにおける価格の下落とのみ比較することができるような最悪の原油価格の暴落に直面しているという。原油市場はまだ底に達しておらず、バランスは2016年の後半になってやっと成立する、とヤーギン氏。

    ダニエル・ヤーギン氏は最高のエネルギー専門家の一人。1990年には、『石油の世紀』を発表、ピューリッツァー賞を受賞している。

    タグ
    石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • unimaro unimaro
      政治的な意味合いが強くなりすぎたってとこだろ?
      特に西側の謀略によって利用され、それによってということもあり、信頼関係が失われてしまった。
      だから「話し合い」なんかで自国の不利益になるように(この場合、OPEC各国に一時的に売り上げが減るようになること)談合なんかできなくなっている、ということ。
      核削減も、現在は同じだろ?アメ公が嘘ばかりついて、アメリカ側の義務をごまかしている。だからロシアも今後はアメ公との話し合いなんぞやりにくい。中国は最初から「アメ公なんぞ信用できるかよwwwww」と見抜いている。インドも同様。そして両国のみならず、アメ公の狂気・危険性をそれなりに(ウリほどではないとしても)わかっている。だからそれに対抗できるほどまでに持って行きたいのだ。
      資源産出国の連帯をまとめたい、というのであれば、まずは「サウジ(と、関連国家)の民主化」を早急に進めるしかないねw
    新しいコメントを読む (0)