00:26 2017年11月21日
東京+ 5°C
モスクワ+ 2°C
    国際通貨基金の本部、ワシントンD.C.

    IMF:日本が現時点で為替介入を行う正当な理由はない

    © AP Photo/ Jose Luis Magana
    経済
    短縮 URL
    13217169

    国際通貨基金(IMF)対日ミッションの責任者を務めるリュック・エフェラールト氏は、「日本が現時点で、円高に歯止めをかける目的で為替介入を行う正当な理由はない」との見解を示した。通信社ブルームバーグが報じた。

    エフェラールト氏はブルームバーグのインタビューで、「為替レートが極めて無秩序な動きを示さない限り、現時点での日本の介入には正当な理由はない」と述べ、「より重要なのは、日本が成長とインフレを加速するための国内政策を導入し、為替レートを放任することだ」と指摘した。ブルームバーグが伝えた。

    ブルームバーグは、日本の介入に関するあらゆる予想が、今週開かれるIMFと世界銀行の春季会合の参加者たちの否定的な反応を呼ぶだろうと指摘している。

    エフェラールト氏は、インフレ期待が予想よりも弱かった場合、日本銀行は政策緩和に向けて準備するべきだと語った。

    タグ
    IMF, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント