12:45 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 11°C
    原油価格 ドーハ会合への懐疑的な見方から下落

    原油価格 ドーハ会合への懐疑的な見方から下落

    © Fotolia/ peshkov
    経済
    短縮 URL
    2312310

    14日、ドーハでの産油国会合が不調に終わるのではないかとの懐疑的な見方を背景に、原油価格が下落している。通信社ブルームバーグが伝えた。

    ロンドンICE先物取引所では、ブレント原油先物6月限の価格が、モスクワ時間で8時までに1.3パーセント値下がりして1バレル=43.59ドルとなった。

    ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)ではWTI原油先物の価格が同じくモスクワ時間で8時までに1.2パーセント安の1バレル=41.27パーセントとなった。

    専門家たちは、ドーハ会合の結果が明らかになるまで数日間は不安定な状態が続くとの見方を示している。

     

     

    関連:

    原油価格 わずかに下がり始める
    原油価格上昇続ける ブレント原油は42ドル超え
    原油価格が上向き、米備蓄低下を受けて
    原油価格に続いて米国の株価下がる
    タグ
    石油
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント