02:54 2017年08月22日
東京+ 26°C
モスクワ+ 28°C
    生産凍結でサウジアラビアは負け、ロシアは勝つ―BMI研究所

    生産凍結でサウジアラビアは負け、ロシアは勝つ―BMI研究所

    © Sputnik/ Evgeni Biyatov
    経済
    短縮 URL
    12035140

    原油の生産凍結でサウジアラビアは潜在的な敗者として考えられ、ロシアは勝者の一角と見られる。BMI研究所がこうした見方を示した。

    「凍結合意から利益を得るのはロシア、ベネズエラ、エクアドル、イラク、カタール、インドネシア、カザフスタン、ノルウェーなど、追加生産のチャンスが多くない国、あるいは今年月間生産記録を達成している国々だ」 ブルームバーグが伝えた。

    一方、サウジアラビアは、一日あたりの230万バレルの予備生産容量を持っている。つまり生産を増加させることにより、原油価格の低下を補償することができる。ほかに潜在的な敗者の中には、BMIの専門家らによると、ナイジェリア、アンゴラ、クウェート、アラブ首長国連邦、アルジェリアがある。

    関連:

    IEA 今年末までに原油市場は均衡に近づくと予想
    中国の原油輸入量 記録的に増加
    サウジアラビアとロシア 原油採掘凍結に関し合意達成
    タグ
    石油, サウジアラビア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント