09:15 2017年10月18日
東京+ 12°C
モスクワ+ 8°C
    Coal

    世界第2位の石炭企業 破産手続き開始

    © Sputnik/ Alexander Kryazhev
    経済
    短縮 URL
    0 2218134

    世界第二位、1883年に創業し130年以上の歴史を誇る米国最大手の石炭採掘企業ピーボディ・エナジー(Peabody Energy,;本社ミズーリ州セントルイス)は 13日、ミズーリ州の裁判所に連邦破産法11条の適用を申請した。会社のプレス・リリースで明らかとなった。

    ピーボディの破産の原因は「前例のない石炭産業の衰退」と石炭価格の下落だとの事だ。同社のプレス・リリースの中では、次のように述べられている-

    「債務の重荷の全体的レベルを下げ、絶え間のない出費を抑え、取引における現金の流れを高め、さらには裁判所の保護のもとで仕事を続けながら、長期的成功のためのポジションを改善する意向である。」

    なお炭鉱労働者及び事務員は、裁判の期間中、これまで通り働き続けることになるが、破産が認められた後は、会社は再組織化される見込みだ。

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント