14:06 2018年09月21日
「フォード・ソレルス」のフセヴォロシスク(レニングラード州)工場

フォード・フォーカス ロシア産エンジンを搭載

Alexei Danichev
経済
短縮 URL
0 140

米国の「フォード」とロシアの自動車メーカー「ソレルス」の合弁会社「フォード・ソレルス」は、フセヴォロシスク(レニングラード州)工場で、ロシア産のエンジンを搭載したフォード・フォーカス(Ford Focus)のシリーズ生産を開始する。「Lenta.ru」編集部が、入手した同社のプレスリリースをもとに伝えた。

新しいフォーカスは、フィエスタ(Fiesta)ハッチバック(85,105 及び120馬力)、エコスポーツ(EcoSpor)クロスオーバー(122馬力)に続き、ロシア製エンジンを持ったフォードの三番目のモデルとなる。フォーカスは、1,6リットル Duratecエンジンを搭載し、その馬力は85, 105 そして125である。

ロシア産エンジンは、ロシア領内で生産されるフォード車の少なくとも30%に搭載されることになるだろう。

タグ
自動車, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント