05:26 2017年10月19日
東京+ 11°C
モスクワ+ 11°C
    アレクペロフ氏:現在の形でのOPECはもはや石油市場状況に影響を与えることができない

    アレクペロフ氏:現在の形でのOPECはもはや石油市場状況に影響を与えることができない

    © 写真: alex.ch
    経済
    短縮 URL
    0 32341

    現在の形での石油輸出国機構(OPEC)は調整役の機能を担うことができず、改革されるべきである。石油会社ルクオイルのワギト・アレクペロフ社長が語った。

    「OPECは改革する必要がある。産油国が互いに行動を調整できるような新しいてこが要る」。ヴェルト紙のインタビューで語った。現在の形での組織には、将来性がない。「その可能性は尽きている」とアレクペロフ氏。

    2月、OPECのアブドラ・アル・バドリ事務局長は、原油価格が他の国による減産を受けて上昇した場合には、シェールオイルを生産する米国企業は簡単に生産を増加させ、燃料不足を解消することができると述べた

    「どうしたらいいかわからない。価格の上昇は直ちにシェール業界に響き、生産量の減少を全面的にカバーする」と同氏。

    関連:

    IEA専門家:原油市場にバランスをもたらす鍵は米国の手の中にある
    ロシア政府、原油価格下落に準備
    イランの石油大臣、ドーハ会合は前向きな一歩だ
    タグ
    OPEC
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント