18:52 2020年10月20日
経済
短縮 URL
0 51
でフォローする

サウジアラビア政府は25日、石油依存からの脱却を目指す構造改革の計画を承認した。「2030年までのサウジアラビアの発展概念」という計画は、閣議で承認された。同国のサルマン国王が伝えた。

国王は、テレビ局アル・アラビーヤのインタビューで、「2020年までに我々は石油なしで生活できるようになる」と述べた。

改革計画は、サウジアラビアが樹立した1932年以来最も大規模な経済計画。

同計画は、2兆ドルのソブリン・ファンドを創設する方針。、サウジアラビアを世界最大の石油輸出国からグローバルな投資大国とすることを目的としている。

また民営化や補助金削減、さらに国営石油会社アラムコ(Aramco)の5パーセント売却も予定されている。なおアラムコの売却益を元にファンドが創設される。

関連:

原油買い待ち 11か月ぶりの高水準に
タグ
石油, サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント