07:20 2018年09月19日
マッキンゼー予測、先進国証券市場の収益率減で生涯現役時代へ突入

マッキンゼー予測、先進国証券市場の収益率減で生涯現役時代へ突入

© AFP 2018 / Johannes Eisele
経済
短縮 URL
211

近い将来、先進国の市場では株や国債への投資収入の減少が予想されることから、老後のたくわえを行っている人々は労働年数を更に増やすか、または老後の蓄え分率を増やすか、消費レベルを下げざるを得ない。ロシアのビジネス新聞RBKがコンサルタント企業「マッキンゼー・アンド・カンパニー」の概観を引用して報じた。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの分析によれば、欧米の投資家らにとってこれまでの30年は株や国債からの収入が今までの100年の平均値より高く、「黄金時代」だった。だが今、この「黄金時代」も終焉に近づいており、これからの10年はインフレが高まり、経済は弱体化し、収入は下がる。

専門家らはこれからの20年で欧米の株市場では収益率は4-5%ダウンし、国際市場も現在より多少低めの1%落ちる。

見方を変えれば、西側証券市場の「黄金時代」の終焉はロシアも含めた発展途上国にとってはプラスとなる可能性がある。投資家らはより収益性の高い株を探し始めるため、そのカテゴリーにまず当てはまるのが発展途上国の市場となる。

 

 

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント