11:03 2017年06月25日
東京+ 22°C
モスクワ+ 9°C
    日産、2020年までに無人自動車を開発

    三菱と日産 「燃料スキャンダル」で販売台数が約半減

    © Sputnik/ Ruslan Krivobok
    経済
    短縮 URL
    12858111

    三菱自動車の4月の軽自動車の新車販売台数が、「燃料スキャンダル」を受け、昨年同月比で約45パーセント減少した。日経新聞が1日、報じた。

    また複数のモデルを三菱が製造してスキャンダルに巻き込まれた日産自動車の軽自動車の販売台数も51パーセント減少した。

    三菱自動車の4月の軽自動車の新車販売台数はわずか1500台、日産自動車は5500台だった。

    4月20日に三菱自動車の不正が発表された後、同社の株は50パーセント以上下落した。三菱自動車の相川哲郎社長は4月26日、「燃料スキャンダル」が会社の存続に影響することを認めた。

    タグ
    自動車, 日産, 三菱, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント