16:33 2017年09月20日
東京+ 24°C
モスクワ+ 12°C
    石油

    ロシアとサウジの中国の原油市場をめぐる争いが激化

    © Sputnik/ Maksim Bogodvid
    経済
    短縮 URL
    2176671

    ロシアとサウジアラビア間の中国の原油市場をめぐる争いが高まった。サイトOilprice.comのアナリスト、イリーナ・スラフ氏はこのような見方を表している。

    中国の主な原油輸入先はこれまでサウジアラビアだったが、ロシアは中国の小さな製油所への供給によって主導権を握ることに成功した。

    昨年、中国の民間製油所は原油の輸入割り当てを受けた。製油所は原油を処理したあと、石油製品として輸出している。ロシアはこれにいち早く気づき、これらの企業の主な輸入先となった。

    イリーナ・スラフ氏の記事の中では、ロシアとサウジアラビア間の争いは「忍耐と財政安定の闘い」となる可能性があると指摘されている。サウジアラビアは財政の予備的耐久力で上回っているが、ロシアは待つことができ、必要に応じて「ベルトを締める」ことができるという。

    スラフ氏は、しかしインドなどの新たな市場を見つけるのが最適の方法かもしれないと述べている。だがスラフ氏は、イランがこのニッチを占める前に急ぐ必要があると指摘している。

    タグ
    石油, 露中関係, 中国, サウジアラビア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント