20:25 2017年10月17日
東京+ 15°C
モスクワ+ 11°C
    GW連休明け日本市場 シャープやタカタ株下落でスタート

    GW連休明け日本市場 シャープやタカタ株下落でスタート

    © AP Photo/ Shizuo Kambayashi
    経済
    短縮 URL
    0 47850

    金曜日、アジアの株式市場の指数は、軒並み下がっている。日本市場は、3連休後やはり下落からスタートした。ブルームバーグ通信が伝えた。

    アジア太平洋地域の総合指数MSCI Asia Pacificは、取引の過程で0,7%下がり、126,69ポイントとなった。

    日本のNikkei 225の指数も、0,3%下がっている。

    日本経済新聞によれば、特に今会計年度3000億円の純損失を記録したシャープの株は7,1%下がった。先にマスコミは、損失を2500億円と伝えていたが、実際は予想を上回るものとなった。

    またタカタ・グループの株も、11%と大きく落ち込んだ。これは、昨日米国の運輸当局が、今後3年間で、タカタが生産した4000万個の自動車用エアバックのうち3500個をリコールする意向を明らかにしたことを受けてのものだ。この数は、当初のほぼ2倍に当たる。

    タグ
    日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント