07:17 2018年09月19日
イラン 原油採掘量凍結プランへ参加の用意

イラン 原油採掘量凍結プランへ参加の用意

© AP Photo / Vahid Salemi
経済
短縮 URL
0 111

イラン国営石油会社(NIOC)のカムサリ・スポークスマンによれば、イラン当局は、すでに自分達が望んだ生産量に達したため、採掘量凍結プランに加わる用意があるとのことだ。イランのプレスTVが伝えた。

先にイラン政府は、原油採掘量を、制裁導入前のレベル、つまり一昼夜およそ400万バレルの水準に戻し、世界市場における自国の割り当て分を回復させたいとの希望を明らかにしていた。なおイランがこうした立場をとったことが、4月17日にドーハで開かれた主要産油国会合が不調に終わった原因の一つとなった。ドーハでは、原油採掘量を今年1月のレベルで凍結する可能性が探られた。

イランのTV報道では「ザンガネ石油相が目指していた採掘量の、しかるべき数値は達成された。イランは、採掘凍結プランに加わる可能性がある」とのことだが、カムサリ・スポークスマンによれば「問題の最終決定は、石油省が下すことになる」。

関連:

ロシアとサウジの中国の原油市場をめぐる争いが激化
マーク・モビアス氏、原油価格の「極端な急騰」を予言
「ロスネフチ」と「ガスプロム」、資源生産について日本企業と交渉中
タグ
石油, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント