13:04 2018年07月21日
サウジアラビア

サウジアラビア 石油生産の「著しい増加」を約束する

© Fotolia / Swisshippo
経済
短縮 URL
214

サウジアラビアは2016年石油生産を「著しく増加」する計画であり、グローバル市場での自国のプレゼンスを強化する方針。10日、国営石油企業サウジアラムコのアミン・ナーサル社長が発表した。

特に、サウジアラビア南東部にあるシャイバ油田では、産油量が日量およそ33パーセント増の100万バレルとなる計画。通信社ブルームバーグが報じた。

7日、サウジアラビアのサルマン国王は、ヌアイミ石油鉱物資源相を退任させ、同省をエネルギー産業鉱物資源省と改称した。エネルギー産業鉱物資源相に任命されたのは、サウジアラムコの会長を務めていたファリハ氏。

ファリハ氏は8日、「我々は今まで通り、国際エネルギー市場における我々の役割の維持と、世界で最も信頼できるエネルギー供給国としての我々の立場の強化に身をささげる」と発表した。

タグ
石油, サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント