00:19 2017年08月17日
東京+ 22°C
モスクワ+ 24°C
    日本農業、ロボットの力でTPP時代を生き残る

    日本農業、ロボットの力でTPP時代を生き残る

    © REUTERS/ Issei Kato
    経済
    短縮 URL
    51035522

    日本の自民党は本日、ロボットや人工知能システムの積極的な導入による農業奨励のガイドラインを承認した。

    環太平洋パートナーシップ(TPP)発効後の農業部門の発展に関する自民党本部での会議で採択され​​た。

    「TPP加盟国からの農産物の輸入関税が今後大幅に削減撤廃される。日本の農業の生き残りは幅広い技術的な再設備やコストの急激な減少なくして不可能である」という。

    今年既に日本政府は農業へのロボット導入と農業自動化に3700万ドルを投じる。労働力不足の場所で果実等を収穫できるものなど20種類のロボットの開発が進められることになっている。

    タグ
    ロボット, TPP, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント