13:13 2018年09月22日
米国の禁輸措置の恩恵を受けるのは誰か?

米国の禁輸措置の恩恵を受けるのは誰か?

© AFP 2018 / STR
経済
短縮 URL
0 20

米国が石油の輸出を解禁して数ヶ月。この間禁輸措置の主な受益者が米国の精製業者であったことが明らかになった。

近年、シェールオイルは、多くの製油所にとって真の楽園となっていた。その多くは国内にあり、原油価格が下落してもガソリン価格に大きな影響はなかった。

今、これらの利点はすべて消え、精製業者は以前よりも大幅に収入を減らすこととなった。

米国では輸出禁止により国内価格が世界に比べて人為的に低くされていた。

製油所は米国で原油を買った後、加工し、燃料としてはるかに高価で販売していた。燃料のコストは低くはなく、同時に、それは国内価格でなく、外部の原油価格に依拠していた。

関連:

国際原油採掘量、下がる一方
OPEC諸国専門家 必ずしも原油採掘凍結はせず
ブレント原油値、1バレル46ドルに接近
タグ
石油, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント