19:21 2018年02月18日
東京+ 4°C
モスクワ-4°C
    米国でのリグ稼働数減少を背景に原油価格が上昇

    米国でのリグ稼働数減少を背景に原油価格が上昇

    © Sputnik/ Iliya Pitalev
    経済
    短縮 URL
    0 04

    16日、米ベーカーヒューズ社が米国での原油掘削に使用するリグ稼働数が減少したと公表したのを受け、世界の石油価格が上昇している。

    ブレント原油6月先物の価格は、1.34パーセント値上がりして1バレル=48.47ドルとなり、WTI原油6月先物の価格は1.21パーセント高の1バレル=46.77ドルとなった。

    タグ
    石油, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント