07:32 2017年12月14日
東京+ 2°C
モスクワ+ 1°C
    サウジは原油生産量凍結の可能性を排除していない

    WSJ:サウジは原油生産量凍結の可能性を排除していない

    © Fotolia/ James Thew
    経済
    短縮 URL
    0 21

    サウジアラビアは、日量3250万バレルであれば原油生産量凍結を支持する用意がある。ウォール・ストリート・ジャーナルが、交渉に近い消息筋の話として報じた。

    同じく交渉に参加するナイジェリア、カタール、アルジェリアも、原油生産量の凍結を支持している。なおアルジェリアの代表者によると、同国はウィーンで交渉参加者たちが合意に達しなかった場合、原油価格は下落すると確信している。

    アラブ首長国連邦は、生産割り当てを日量400万バレルまで増加する必要性を主張しているイランが同意しない場合、生産量の凍結に反対する意向。

    なお、ロシアエネルギー省の代表者は6月2日にウィーンで開かれる会議には出席しない。

    関連:

    OPEC会合前に原油取引 多様な展開
    OPEC、原油生産量割り当て超過を続ける
    タグ
    石油, サウジアラビア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント