12:06 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 18°C
    金価格が再び下落 Brexitは投資家たちを怯えさせなかったのか?

    金価格が再び下落 Brexitは投資家たちを怯えさせなかったのか?

    © Sputnik/ Vitaliy Bezrukikh
    経済
    短縮 URL
    1232692

    英国のEU離脱(Brexit)の決定を受けて急騰した金価格が28日、一転して下落した。

    金
    © Fotolia/ Darknightsky
    ニューヨーク商品取引所(COMEX)では日本時間で28日14時の時点で、金先物8月限の価格が6.2ドル(0.46パーセント)安の1オンス=1318.60ドルとなった。

    大多数の市場参加者は英国がEUに残留すると考え、Brexit派の勝利は予想外だったため、金を含む安全資産需要が著しく高まった。しかし28日、投資家らは再びリスク資産買いに戻った。

    なおアナリストらは、Brexit後の英国とEUの関係がはっきりしないため、将来的に貴金属の価格が上昇する可能性があると指摘している。通信社ブルームバーグが伝えた。

    関連:

    原油価格 Brexit決定を受け下落を続ける
    英国の国民投票で即EU離脱ではないが日本は最少リスクも見逃せない
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント