15:41 2020年05月30日
経済
短縮 URL
275
でフォローする

エジプトとロシアはエジプト国内初の原発建設計画に関する商業契約の全ての項目で合意した。エジプト大統領報道官が声明した。

エジプト大統領報道官は、契約調印の日付はエジプト国務院による契約の批准後すぐに決定されると述べている。

契約調印は今年中になると考えられている。

ロシアとエジプトは15年11月19日、地中海沿岸のエジプト北部ダバアでの原発建設の協力に関する政府間合意に調印した。

原発は4基の原子炉からなり、各原子炉の出力は1200メガワット。ロシアの提案は、ハイテクプロジェクトの実施を含め、全体の原子力産業のエジプトでの設立の支援を提供するというものだ。

先に伝えられたところによると、エジプト空軍、伊上院の決定でその戦闘力は危うい

関連:

日本 原発「第二の人生」しかしリスクは残る
山口県、住民の反対にもかかわらず原子力発電所建設へ
ブルームバーグ通信:中国は稼働可能な原子炉数でロシアを追い越す
タグ
原発, エジプト, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント